成分が同じジェネリック、副作用も同じ?

最近、CMなどでよく聞く『ジェネリック』という言葉。

ジェネリックとは、先に開発された薬(先発品)の特許が切れた後、他の製薬メーカーが同成分で作った薬のことです。
メーカーにより、形状や色は異なる事もありますが、有効成分、含有量、安全性も全く一緒と認められたお薬のことです。

しかしながら、『成分が同じジェネリック≠副作用も同じ』ではない事を理解しておかなければいけません。
基本的には、有効成分も含有量も一緒ですから、効果・効能も一緒です。
では、なぜ『何が成分が同じジェネリック≠副作用も同じ』なのでしょうか?

理由の1つとしては、各製薬メーカーにより使用する添加物の違いがあります。この添加物の違いがアレルギーを引き起こす可能性があります。
ただし、添加物は治療に影響する成分ではなく、お薬の色づけや形状を保つ為に使用されるものなので、同一のものを使用しなければいけないわけではありません。

その他、メーカーにより形状や色、味を使用しやすいように工夫を凝らすことから、見た目や服用時に違和感を感じ、使用後に体調の変化を訴える方も少なくないのが現状です。

『成分が同じジェネリック』ではありますが、100%一緒というわけではないので、副作用も全く一緒というわけにはいきません。

しかし、現在では有効成分も添加物も100%一緒のジェネリックも発売されているようです。