安いジェネリックで効果を試す

医薬品には、ジェネリックと呼ばれているものがあります。
これは、先に開発された医薬品にならって、同じような組成で新たに作った医薬品のことです。
名称や見た目、コーティングに使っている物質などには違いがありますが、主成分やその分量は、先に開発された医薬品と基本的に同じです。
そのため服用した際に得られる効果も同じと言えます。

医薬品の開発には、多くのコストと期間とがかかります。
配合する成分の研究はもちろん、完成した医薬品の臨床試験などもおこなわなければなりません。
ところがジェネリックの場合、そういった研究や試験は、先に開発された医薬品で既におこなわれています。
そのため開発にはそれほど多くのコストも期間も要しません。
その分、価格を低めに抑えることが可能となっています。
先に開発された薬と同じ効果を持っていながらも、価格は安いのです。

そのため安いジェネリックを使って、効果を試す人も多くいます。
特に海外からの個人輸入などで、医師の勧めではなく個人の判断で医薬品を購入する場合には、効果が出るかどうかが分からないことが多いです。
そのような場合には、高価な医薬品よりも、気軽に購入できる安いジェネリックの方が適していると言えるのです。

ジェネリックで更に安いED医薬品

医薬品には大別して先発医薬品と後発医薬品があります。
先発医薬品とはいわゆる新薬で、治療効果のある成分の研究・開発から始め、特定の有用成分を使用する世界で初めて製造される医薬品です。
後発医薬品とはジェネリック医薬品とも呼ばれますが、新薬と同じ成分と製法で製造される医薬品です。
新薬には医薬品特許というものが設けられており、この特許が切れた後に開発元以外のメーカーが新薬と同じ成分と製法で同じ効果を持つジェネリック医薬品を製造することが可能となっています。この2つの大きな違いとしては価格差があります。
新薬は成分の研究や開発から始めるため、どうしても膨大な開発費用が掛かってしまうので薬価が高くなります。しかしジェネリック医薬品は新薬に倣い製造されるため開発費用は掛からず、そのため安い価格で販売することが可能となっています。
男性の勃起不全の治療薬であるED医薬品にもジェネリック医薬品が存在します。
新薬のED医薬品の価格相場は1錠1500~2000円ですが、ジェネリックのED医薬品の価格相場は1錠150円~300円程度となっており、新薬に比べるとかなりの低価格で購入することが可能です。よって医療費負担を抑えたいのならジェネリック医薬品がお勧めされています。